鎌倉風致保存会とは

鎌倉風致保存会は、鎌倉の自然の風光と豊かな文化財を後世に伝えることを目的として、
1964年(昭和39年)12月に設立された日本最初のナショナルトラスト団体です。

現在、鎌倉市内に御谷(おやつ)山林・笹目(ささめ)緑地・十二所果樹園(じゅうにそかじゅえん)・旧坂井邸(きゅうさかいてい)緑地という4か所の緑地と、旧坂井邸建物という1棟の建築物を保全のため所有しています。

誕生のきっかけとなったのは、後に「御谷(おやつ)騒動」と呼ばれる市民運動です。
1964年は東京オリンピック開催の年で日本中が開発ブームに沸く中、鎌倉の聖域である鶴岡八幡宮後背の山林「御谷」にも宅地造成計画が持ち上がりました。これに対して地元住民を中心に市民や文化人らが反対運動を推進し、当財団を設立するとともに、集まった寄付金で御谷山林1.5haを買収しました。

1964年当時の御谷

このことから、鎌倉風致保存会は日本最初のナショナルトラスト団体といわれています。
この運動が契機となって、1966年(昭和41年)には「古都保存法」が制定され、鎌倉は乱開発から守られることとなりました。

現在の御谷

鎌倉風致保存会では所有する4か所(約8ha)の緑地と、鎌倉市内の史跡緑地や寺院の後背林などの保全管理作業「みどりのボランティア」を、市民や鎌倉を愛する皆さんと一緒に行っています。
また、所有建物の旧坂井邸(約380㎡)を保全するとともに、鎌倉に住み鎌倉を愛し「御谷騒動」のときペンの力で尽力された作家大佛次郎(おさらぎじろう)さんの茶亭をのこそうと支援しています。
さらに、こうした活動を知ってもらい、後世につなげるために「中学生ボランティア」や「かまくら里山フェスタ」、「家族で栗拾い」、「歴史ウォーク」などいろいろなイベントを開催しています。
当会の大きな特徴は、これら緑地保全活動やイベント活動のほとんどが会員のボランティア・スタッフによって担われていることです。鎌倉の風致を守るという熱い思いが、50年以上たった今も受け継がれています。

歩み

1964年(昭和39年)12月 鶴岡八幡宮後背地「御谷」の宅地開発反対運動がおこる。
この運動に作家の大佛次郎ら鎌倉在住の多くの著名人や市民が参加。市民から寄付を集め、御谷を買い取るために財団法人として設立。
1965年(昭和40年)11月 御谷以外の地域も含めて鎌倉市内69か所850haを保存すべき地域と風致保存会が独自に指定。
1966年(昭和41年) 1月 鎌倉での運動が全国に知られ、超党派の議員立法で「古都保存法」が制定。
1964年(昭和41年) 6月 御谷山林1.5haを市民の寄付等で買い取り保存。
このことから、日本のナショナル・トラスト第1号といわれる。
風致保存会が保存すべきと指定した地域の大部分が古都保存法で守られることになった。
1983年(昭和58年) 4月 大佛次郎茶亭を風致保存会保存建造物に指定し助成。春と秋に一般公開を始める。
1984年(昭和59年)10月 十二所果樹園の一部1.9haを保存のため賃借。
1988年(昭和63年)10月 十二所果樹園の賃借地を3.8haに拡大。
1990年(平成 2年)10月 笹目緑地1.2haを買い取り保存。
1996年(平成 8年)4月 事務所を、市役所内から由比ガ浜の仮事務所に移転。
1996年(平成 8年)5月 「みどりのボランティア」を募り山の手入れ活動を始める。
1997年(平成 9年)4月 風致保存会を活性化させるため、活性化100人委員会を設け、活動内容や会員制度発足に向けた検討を始める。
1997年(平成 9年)9月 事務所を、由比ガ浜から御成町の「旧安保小児科医院」に移転。
1998年(平成10年)1月 会員制度を取り入れ、会員募集を開始。
1999年(平成11年)2月 市立の中学3年生に身近な自然の保全活動を体験してもらう「中学生ボランティア」開始。
2006年(平成18年)1月 十二所果樹園全体5haを買い取り保存。
2011年(平成23年)4月 公益認定を受け公益財団法人に移行。
2013年(平成25年)4月 扇ガ谷「旧坂井邸」の土地と建物(洋館)の遺贈を受け保存。
2013年(平成25年)12月 事務所を、「旧安保小児科医院」から「旧坂井邸」に移転。
2014年(平成26年)10月 「旧坂井邸」が登録有形文化財に指定。
2015年(平成27年)4月 「旧坂井邸」の和館とその土地の遺贈を受け保存。(全体で0.3ha)