variety

品種紹介

ノースグレープファームで採れるぶどうの品種をご紹介します。私たちが一粒一粒丹精込めて作りました旬のぶどうをどうぞお楽しみ下さい。

※収穫の時期は、天候によって変わる場合がございます。

巨峰

kyoho

8月下旬~10月中旬
ぶどうと聞いて、最初に思い浮かぶのが巨峰でしょう。高級感のある大粒の実は、芳醇で深いコクと甘みがあり、とてもジューシーです。

藤稔

fujiminori

8月下旬~9月上旬
一粒の大きさがゴルフボール程にもなる超特大ジャンボぶどう。ジューシーでさっぱりしているので、ノドが渇いた時やスポーツの水分補給にもおススメの一品。当ぶどう園贈答用ブドウの中で一番人気の品種。

紅伊豆

beniizu

8月下旬~9月上旬
糖度が高く、みずみずしさが際立つぶどう。「ブドウらしい味」に定評があり、女性のお客様にも人気のぶどう。

ハニーレッド

honey red

8月下旬~9月上旬
当ぶどう園の栽培品種の中でダントツに甘く、完熟すると糖度が25度にもなる極甘品種。「はちみつ」のような甘い香りが特徴。

マスカット

muscat

9月中旬~9月下旬
岡山のガラス温室栽培で有名な品種。エジプト原産の品種でクレオパトラも食べたとされています。一口食べれば華やかな「マスカット香」が口いっぱいに広がり食べた人を優雅な気分にさせてくれます。

瀬戸ジャイアンツ

seto giants

9月中旬~10月上旬
桃のような粒の形が愛らしい別名「桃太郎ぶどう」。皮ごと食べられ、パリッと弾けるような触感が魅力です。一口食べれば、さわやかな甘酸っぱさが口いっぱいに広がり、サクサクしてとても食べやすいので、スナック感覚で召し上がっていただけます。

シャインマスカット

shine muscat

9月中旬~10月上旬
今や高級ブドウの代表格となったシャインマスカット。口に含んだ時のマスカット系の心地よい香りと、種なしで、丸ごと食べられるサクッとした口当たりの良さには驚きです!

ゴルビー

gorby

9月中旬~10月上旬
クセのない上品な甘さと香りがあり、実がしまっていて歯触りのよい食感。赤く丸い大粒からロシアのゴルバチョフ氏を連想して名付けられました。

キタサキレッド

kitasaki red

9月上旬~9月中旬
ピンク~赤紫になる美しいぶどう。 巨峰とは一味違った「ライチ」に少し似ているような風味をお楽しみ頂けます。

ベニバラード

beni ballade

8月下旬~9月中旬
皮ごと食べられ、パリッと弾ける食感と、果肉のシャキシャキ感はやみつきになる美味しさです。あっさりしているので、サラダに入れても美味しく頂けます。

デラウエア

delaware

8月下旬~9月上旬
皆さんご存知デラウエア。小粒でジューシー。種なしなので、小さいお子様でも安心して召し上がれます。

ブラックビート

black beat

8月下旬~9月上旬
藤稔とピオーネを交配した品種。藤稔のジューシーさとピオーネの旨味を兼ね備えた、濃厚で上品な味わいが特徴。

サニールージュ

sonny rouge

8月下旬~9月上旬
美しいルビー色をしており、皮は実離れが良く口の中でツルッと剥けて食べやすい。甘さと酸味のバランスが良く、お子様でも食べやすい一口サイズの葡萄です。

ベビーフィンガー

baby finger

9月上旬~9月中旬
勾玉のように粒の先が尖った珍しい形のぶどう。その外観はまるで芸術作品のようです。皮ごと食べられ、あっさりした味。

ロザリオビアンコ

rosary bianco

9月中旬~10月上旬
透明感のある黄緑色でクセがなく、すっきりとした甘さが人気の「ロザリオビアンコ」。皮は硬めで、口の中に入れるとしっかりした存在感があります。

ロザリオロッソ

rosary rosso

9月中旬~10月上旬
薄紅色がきれいなロザリオビアンコの赤色バージョン。ぶどうなのにリンゴを食べているような味がします。熟期は9月下旬でやや遅めの収穫です。

黄玉

ougyoku

8月下旬~9月中旬
栽培環境によっては、ひょうたんのような形になるユニークなぶどう。糖度は23度に達し、非常に甘いです。甘党の方におススメのぶどうです。

紅高

benitaka

9月中旬~9月下旬
鮮やかな紅色が目を引く品種。皮ごと食べられ、程よい酸味は青りんごにも似た味わいです。リンゴ好きの方におススメの一品。

高妻

takatsuma

8月下旬~9月上旬
ピオーネに似た濃厚さとプリッと引き締まった果肉が特徴。樹を1本しか栽培していないので、店頭販売は少量となります。
 

access maps

アクセスマップ

recommend

オススメ場所