吉田幸男 HOME PAGE yoshida yukio web page
北前船について歴史的背景~日本遺産指定にさいして
北前船寄港地の日本遺産指定は海上交通が注目され非常にめでたいことである。しかし海上交通の歴史については軽視に等しく船乗りでもない河村瑞賢がつくりだしたような説を述べている。河村瑞賢の提言前に命をかけて東回り、西回り航路を開拓した塩飽の存在を無視することはできないであろう。江戸時代初期、四代将軍家綱の時代、塩飽は江戸大阪の食糧不足に対応する為、日本海側幕領より江戸、大坂への御城米運送を命じられている。塩飽廻船は大阪船手組である。塩飽は造船所を陸奥湾沿岸、川内と蟹田に大造船所を建設、最盛期には1冬50隻に迫っている。この事は塩飽の船である弁才船が全国へ広まるきっかけとなる。弁才船は大阪、江戸間を運航する菱垣廻船、樽廻船となり北陸方面では北前船と名前をかえるが塩飽で生まれ瀬戸内海航行が可能な弁才船である。操船しやすく、機動性があり速度速く、建造しやすく、乗組員少なく非常に優秀な船で各地にあった船を駆逐し塩飽生まれの弁才船が全国を席巻するのである。詳しくは 塩飽史 参照されたい。
江戸時代、百姓による領国経営~塩飽領
江戸時代は階級社会であり武士がいばり農民を搾取していたとの教育も行われている。故郷塩飽は武士はおらず百姓が選挙で年寄職を選び政治を行っている。この制度を指示したのは大坂町奉行である。江戸時代は階級社会で士農工商の身分制度があり暗黒の時代であり、明治維新は明るい希望の幕開けであったと教わった。「塩飽史」を書きあげたがその過程でいろいろな従来の歴史感と相違していた。江戸時代はまことに平和でそれぞれが立場をわきまえながら政治を行っている。塩飽は遣米使節の随伴艦として咸臨丸にて渡米したが使節の中には多くの庄屋(百姓身分)が参加して世界一周している。

江戸時代の海運と江戸時代の科学技術
江戸時代における海上を完成させた大阪船手組塩飽領
塩飽は唯一の大阪船手組・公儀船方として領地を賜り江戸幕府の海上交通を命じられている。公儀高官の瀬戸内海渡航、朝鮮通信使の往来、長崎奉行の瀬戸内海渡航等多岐にわたる。塩飽の船は公儀の物資を運ぶために江戸大阪間の航路を開き菱垣廻船、樽廻船が行き交う重要航路となった。日本海側公儀領より御城米を東回り・西回り航路で直接江戸・大坂へ運ぶ航路も開き、その時期は河村瑞賢が開いたとされるはるか以前である。公儀の大量輸送の要請に応える為に陸奥湾沿岸、川内・蟹田両湊に弁才船の大造船基地を建設している。瀬戸内海塩飽生まれの優秀な「弁才船」を持っていたに外ならない。北前船・菱垣廻船・樽廻船は名前が違えど塩飽生まれの弁才船である。享保の改革により塩飽船による御城米運送は筑前屋に移り数百隻に及ぶ塩飽廻船は壊滅する。ペリー来航により洋式軍艦建造が始まり公儀軍艦、鳳凰丸より30名の乗り組みを命じられ以後、咸臨丸、朝陽丸と続き長崎海軍伝習所には延べ二百数十名を数える。咸臨丸渡米時には塩飽より37名乗り込み小笠原探検では咸臨丸・朝陽丸・千秋丸合わせて127名乗り込んでいる。公儀軍艦に乗り込んでいる塩飽水主は数百名に達する。 
大阪船手組塩飽回船、東回り・西回り航路開拓の経過
東回り・西回り航路は河村瑞賢が開いたとされるが誤りである。東回り・西回り航路は幕閣の要請により塩飽回船によって開かれた。幕命による海上輸送の始まりである。結果として塩飽、瀬戸内海で生まれた弁才船が全国の海を走るようになったのである。豊富な資料により初期の日本の海上輸送を解明している。

~重要文化財指定~
諫早の佐賀藩精煉方製作の電信機
エーセルテレグラフ解説
 同時期に製作されたとされる佐久間象山作、盛岡藩校日新堂の電信機との技術比較、電信、海底線、無線通信等、諫早に関わる江戸・明治期にいたる通信の歴史

佐賀藩における科学技術史
  幕末、佐賀藩を日本一の藩にした武雄鍋島家の役割を紹介

諫早の歴史を考える 
「諌早の眼鏡橋について」 眼鏡橋建設の実像とは。
「佐賀藩圧政の虚構と諫早の実像」 近世諫早の実像。
「佐賀藩内儀方とルイス・フロイス」 中世の日本女性。