環 境 方 針
1.基本理念
プリマハムは、環境保全を経営の最重要課題のひとつと認識し、経営理念「商品と品質はプリマの命」 「絶えざる革新でお客様に貢献」を旨とし、常にお客様の満足と安心を優先した「もの造り」を行ないます。
さらに、持続可能な社会の構築に向け、事業活動のあらゆる場面において従業員一人ひとりが、環境保全の意識を高め、身近なことから取り組んでいきます。
2.基本方針
プリマハムは、ハム・ソーセージ、食肉および加工食品等の製造販売、および養豚事業において定期的に環境目的・目標を設定し見直すと共に、環境マネジメントシステムの継続的な改善と汚染の予防のため、以下の基本方針を定めます。
(1)法規制順守
・環境法規制および当社が同意するその他の要求事項を順守するとともに、必要に応じて自主管理基準を設定し事業活動を行います。
(2)環境負荷の低減・汚染の未然防止
・事業活動の推進にあたり、地域環境および地球環境の保全に配慮し、環境負荷の低減・汚染の未然防止に努めます。
(3)環境保全活動の推進
・事業活動において、省エネルギー・省資源を図り、資源の効率的な利用に努めます。
(4)地域との共生
・環境保全活動に積極的に参加し、地域社会への貢献と調和に努めます。
(5)啓蒙活動
・地球環境に対する意識向上を図るため、全従業員に環境教育を実施します。
(6)社外への公表
・この環境方針は社外に公開するとともに、全従業員に対し周知させます。
・事業活動において、廃棄物の削減・リサイクル化を図り、循環型社会の形成に貢献します。
・温室効果ガスなどの地球環境に負荷を与える物質の排出削減に努めます。
・環境保全に配慮した商品の開発に努めます。
・職場の安全意識向上を目的に、5S運動を推進します。
2009年 9月 7日
代表取締役社長 松井 鉄也
Back
10.11.1