協会からのお知らせ

一般社団法人への移行について

 公益法人制度改革により、
 平成25年4月1日から    一般社団法人長崎県畜産物価格安定基金協会  となりました。
 

  平成30年6月12日    ・平成29年度 計算書類を掲載しました。

平成30年度第2四半期(H30年7-9月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H30年10月19日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
757,300円 0円 0円 ・発動基準:46万円
褐毛和種
573,300円 0円 0円 ・  〃   :42万円
乳 用 種
243,200円 0円
−−
交 雑 種
395,700円 0円
−−


平成30年度第1四半期(H30年4-6月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H30年7月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
765,200円 0円 0円 ・発動基準:46万円
褐毛和種
526,200円 0円 0円 ・  〃   :42万円
乳 用 種
246,100円 0円
−−
交 雑 種
392,400円 0円
−−


平成29年度第4四半期(H30年1-3月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H30年4月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
782,000円 0円 0円 ・発動基準:46万円
褐毛和種
609,200円 0円 0円 ・  〃   :42万円
乳 用 種
262,700円 0円
−−
交 雑 種
394,500円 0円
−−

平成29年度第3四半期(H29年10-12月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H30年1月19日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
773,400円 0円 0円 ・発動基準:46万円
褐毛和種
687,100円 0円 0円 ・  〃   :42万円
乳 用 種
252,100円 0円
−−
交 雑 種
390,000円 0円
−−


平成29年度第2四半期(H29年7-9月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H29年10月24日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
754,800円 0円 0円 ・発動基準:46万円
褐毛和種
691,300円 0円 0円 ・  〃   :42万円
乳 用 種
236,300円 0円
−−
交 雑 種
361,100円 0円
−−

平成29年度第1四半期(H29年4-6月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H29年7月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
809,400円 0円 0円 ・発動基準:46万円
褐毛和種
724,200円 0円 0円 ・  〃   :42万円
乳 用 種
214,300円 0円
−−
交 雑 種
396,700円 0円
−−


平成28年度第4四半期(H29年1-3月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H29年4月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
851,400円 0円 0円 ・発動基準:45万円
褐毛和種
777,600円 0円 0円 ・  〃   :41万円
乳 用 種
213,800円 0円
−−
交 雑 種
419,300円 0円
−−

平成28年度第3四半期(H28年10-12月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H29年1月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
849,200円 0円 0円 ・発動基準:45万円
褐毛和種
829,900円 0円 0円 ・  〃   :41万円
乳 用 種
208,600円 0円
−−
交 雑 種
417,900円 0円
−−

平成28年度第2四半期(H28年7-9月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H28年10月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
812,100円 0円 0円 ・発動基準:45万円
褐毛和種
764,800円 0円 0円 ・  〃   :41万円
乳 用 種
216,700円 0円
−−
交 雑 種
401,200円 0円
−−

平成28年度第1四半期(H28年4-6月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H28年7月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
797,900円 0円 0円 ・発動基準:45万円
褐毛和種
695,900円 0円 0円 ・  〃   :41万円
乳 用 種
229,300円 0円
−−
交 雑 種
387,800円 0円
−−


平成27年度第4四半期(H28年1-3月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H28年4月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
768,500円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
691,200円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
239,300円 0円
−−
交 雑 種
392,200円 0円
−−

平成27年度第3四半期(H27年10-12月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H28年1月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
707,700円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
623,300円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
262,300円 0円
−−
交 雑 種
389,800円 0円
−−


平成27年度第2四半期(H27年7-9月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H27年10月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
664,100円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
573,600円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
236,400円 0円
−−
交 雑 種
377,800円 0円
−−

平成27年度第1四半期(H27年4-6月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H27年7月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
645,400円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
539,200円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
195,600円 0円
−−
交 雑 種
373,900円 0円
−−

平成26年度第4四半期(H27年1-3月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H27年4月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
614,000円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
518,600円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
167,700円 0円
−−
交 雑 種
357,400円 0円
−−


平成26年度第3四半期(H26年10-12月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H27年1月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
591,300円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
521,300円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
159,500円 0円
−−
交 雑 種
346,000円 0円
−−


平成26年度第2四半期(H26年7-9月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H26年10月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
556,100円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
496,100円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
140,900円 0円
−−
交 雑 種
302,900円 0円
−−

平成26年度第1四半期(H26年4-6月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H26年7月22日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
558,400円 0円 0円 ・発動基準:42万円
褐毛和種
479,200円 0円 0円 ・  〃   :38万円
乳 用 種
145,600円 0円
−−
交 雑 種
299,300円 0円
−−

平成25年度第4四半期(H26年1-3月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H26年4月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
542,500円 0円 0円 ・発動基準:41万円
褐毛和種
459,200円 0円 0円 ・  〃   :37万円
乳 用 種
153,500円 0円
−−
交 雑 種
322,500円 0円
−−

平成25年度第3四半期(H25年10-12月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H26年1月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
538,900円 0円 0円 ・発動基準:41万円
褐毛和種
447,000円 0円 0円 ・  〃   :37万円
乳 用 種
144,900円 0円
−−
交 雑 種
333,500円 0円
−−

平成25年度第2四半期(H25年7-9月)の肉用子牛平均売買価格の告示  H25年10月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
494,600円 0円 0円 ・発動基準:41万円
褐毛和種
427,500円 0円 0円 ・  〃   :37万円
乳 用 種
131,600円 0円
−−
交 雑 種
285,300円 0円
−−

平成25年度第1四半期(H25年4-6月)の子牛平均売買価格の告示  H25年7月19日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
471,400円 0円 0円 ・発動基準:41万円
褐毛和種
411,100円 0円 0円 ・  〃   :37万円
乳 用 種
120,300円 1,700円
−−
交 雑 種
265,000円 0円
−−

平成24年度第4四半期(H25年1-3月)の子牛平均売買価格の告示  H25年4月19日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
452,700円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
401,800円 0円 0円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
105,400円 10,600円
−−
交 雑 種
241,200円 0円
−−


平成24年度第3四半期(H24年10-12月)の子牛平均売買価格の告示  H25年1月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
424,800円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
306,800円 0円 0円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
97,800円 18,200円
−−
交 雑 種
222,700円 0円
−−

平成24年度第2四半期(H24年7-9月)の子牛平均売買価格の告示  H24年10月19日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
402,100円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
360,800円 0円 0円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
91,900円 24,100円
−−
交 雑 種
210,500円 0円
−−


平成24年度第1四半期(H24年4-6月)の子牛平均売買価格の告示  H24年7月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
402,700円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
349,600円 0円 300円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
81,500円 34,350円
−−
交 雑 種
218,100円 0円
−−

平成23年度第4四半期(H24年1-3月)の子牛平均売買価格の告示  H24年4月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
424,200円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
331,600円 0円 13,800円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
89,900円 26,100円
−−
交 雑 種
240,700円 0円
−−


・平成23年度第3四半期(H23年10-12月)の子牛平均売買価格の告示  H24年1月20日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
397,900円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
307,400円 0円 31,900円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
89,200円 26,800円
−−
交 雑 種
227,300円 0円
−−

・平成23年度第2四半期(H23年7-9月)の子牛平均売買価格の告示  H23年10月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
382,300円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
326,600円 0円 17,500円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
94,700円 21,300円
−−
交 雑 種
218,300円 0円
−−

平成23年度第1四半期(H23年4-6月)の子牛平均売買価格の告示  H23年7月21日

品 種
平均価格
補 給 金
繁殖経営支援交付金
  備 考 
黒毛和種
400,700円 0円 0円 ・発動基準:38万円
褐毛和種
324,700円 0円 18,900円 ・  〃   :35万円
乳 用 種
91,800円 24,200円
−−
交 雑 種
259,500円 0円
−−

   公告 生産者積立負担金変更 (第6業務対象年間移行に伴い生産者積立金を変更しました)
品 種
旧積立金/頭
新積立金/頭
生産者負担額
     備   考 
黒毛和種
2,200 円 1,200 円 300 円 H27年7月1日以降個体登録子牛に適用 
褐毛和種
11,900 円 4,600 円 1,150 円           〃
乳 用 種
12,700 円 6,400 円 1,600 円          〃
交 雑 種
6,250 円 2,400 円 600 円          〃

   ・平成22年3月31日で第4業務対象年間が終了したことから、 品種別の生産者積立金残額は持分に応じて生産者準備 金へ繰 入れました。 平成22年4月以降、契約を継続しない生産者の準備金は所定の手続きを経て返還します。


 肉用子牛生産者補給金及び生産拡大奨励金の特例措置終了について

平成13年に発生が確認されたBSEの、特別対策として実施してきました月別交付、及び生産拡大奨励の特別対応は平成15年今年3月で終了しました。
4月以降は四半期毎の対応となります。


 補給金交付対象期間の変更のお知らせ

  補給金の交付対象期間は四半期単位に平均価格を算出し、補給金交付を実施しておりますが、平成14年4月から
平成15年3月まで、特例として月単位に実施します。

 当協会の組織再編のお知らせ

 畜産関係団体の組織再編の一環として当協会も社団法人長崎県豚価安定基金協会の業務を引き継ぎ
名称を下記のとおり変更しました。
 
統合時期  平成14年4月1日  
新名称   社団法人長崎県畜産物価格安定基金協会
所在地・電話番号 現在のとおり変更はありません、 
(社団法人長崎県豚価安定基金協会は平成14年3月31日で解散)
     

 生産拡大奨励金の特例措置について

今回のBSE対策に絡み、生産拡大奨励事業について、拡大対象生産者に加え、i維持・縮小生産者に対しても
拡大生産者対象の額と同額の奨励措置が実施されます。
期間は平成13年10月1日から平成14年3月31日の間に肉専用種子牛を販売又は保留した子牛が対象です。
対象期間は平成14年4月以降も延長されます。
   
   黒毛和種  全国平均価格が35万円以下となったとき
   褐毛和種     〃      32万円以下となったとき  に平均価格に応じて奨励金が交付されます。
           価格別の奨励金については 子牛生産拡大事業を見てください。
     

 ngkousi@fsinet.or.jp