エスビットで釜めしを作る!(笑)

条件  気温・・・20度くらい  天候・・・晴れのち嵐(笑)  風・・・1〜5メートル程度(最初)
☆各家庭にほぼ1個は有ると思われる(勝手に推測)『釜めしの駅弁の器』。素焼きの器は食べた後何かに使えそう・・・と、取っておいてしまいまいがちですが、その後実際に使った人・・・なんて殆ど居ませんよね?(^^;)。有名な釜めしの駅弁屋のサイトには家庭用コンロで焚く方法が載っていたりしてますが・・・・エスビットで焚いた事ある人は居ないはず!(笑)。と言うわけで、今回はメスティンではなくこの器を使って炊きます。もはや防災もアウトドアも関係なし!(笑)。まあ番外編みたいなもんだと思ってください(^^;)。

☆なお右側の蓋は100円ショップで買ってきた物です。付属していた蓋はプラスチックだから炊飯にはちょっと・・・(^^;)。
☆さて、釜めしなら当然味付けご飯ですよね。釜めしの具は色々市販されていますが、今回使用したのは希釈する必要が無く、洗った1合のお米に混ぜるだけでいいとうタイプを選びました。これも100金で買いました。
☆後はいつもの道具。今回シェラカップは計量のみ。メスティンは米洗いにしか出番がありません(笑)。
☆洗った米を器に入れ、釜めしの具&スープを入れます。・・・・が、ここでトラブル発生。『・・・あふれそうなんですが?』(笑)。しまったー。予想してしかるべきでしたが、器が小さかったようです(^^;)。つーか、予め容積を量っておくべきでしたね(笑)。まあとにかく、縁まで1センチほどしか余裕がないため、このまま炊くと膨張してえらいことになる事間違いなし。
☆というわけで、メスティンで炊く事になりました(^^;)。

☆なお見えている赤いのは釜めしの素がちょっと具が寂しい感じだったので(ホタテの貝ひも、ゴボウ位しか入ってない^^;。所詮は100金・・・)、追加の具として買ってきた鮭の切り身です。イクラは買ってこなかったので、『はらこめし』の『こ』が無いバージョンと言うところでしょうか(^^;)。
☆風が強めなのでこの間スパゲッティの時活躍(?)したアルミホイル製の風防を今回も用意し、いよいよ点火。
☆着火後すぐ・・・『天候急変』(爆)。いきなり曇りだし、雨が降りそうだなーと思ったらあっという間に降り出しました(^^;)。どうやら前線が通過したみたい・・・。
☆スパゲッティの時と同じく軒下に移動しようと思ったんですが・・・風がどんどん強くなってきて軒先にも雨が(^^;)。しょうがないのでコンクリート床の室内で作る事にしました(^^;)。うう、釜めしのいいにおいが家の中に充満するー(笑)。
☆火加減はこの間と同じく『はじめちょろちょろ中ぱっぱ』で、最初は1個、途中から2個に増やして火力調節。場所移動とかしている間に少し冷めてしまったかも知れないので、今回は2個が燃焼した後更にもう1個追加して加熱時間を長めに取りました。
☆・・・が、『なんかいつもと違う焦げが外側に着いてるんですが?』(^^;)。内側の焦げが心配になりそうな感じですがメスティンの中からはまだ『くつくつ』といった音が響いているからタイミング的にはまだのはず。まあ多少の焦げは気にしないという事で(^^;)
☆さすがに最後のタブレットが消えるまで待つのは長すぎるので、火勢が弱くなってきた所でコンロから降ろし、いつも通りひっくり返して15分ほど放置します。

☆で、出来上がりは・・・・今回もばっちり!(^^)。見事に炊きあがっていました。いいにおいがぷーんと・・・。
☆で、炊きあがったご飯を・・・釜めしの器へ(笑)。やっぱ当初の予定通りにしたいしー(^^;)。盛ってみるとやはりはみ出してしまいました。釜めしの器で炊くの強行しなくてよかったよかった(^^;)。
☆おかずはシューマイ(シューマイなのには理由があるんですが、それは別の機会に^^;)。しかし釜めしにもしっかり味が付いているので、おかず要らなかったかも(^^;)。

☆で、肝心の釜めしの味は・・・・今回もしっかり炊けていて最高のご飯でした(^^)。外の嵐を見つつ(笑)、釜めしを堪能。
☆が、実はオチがあって・・・・ご飯をよそった後のメスティン内部(^^;)。結構焦げてしまっていたみたいです(^^;)。やっぱ炊き込みご飯系は焦げやすいのかも知れませんね。もしくは最後のタブレットが余計だったのかも・・・。
☆と言うわけで今回も紆余曲折はありましたが問題なく終了。ただしやっぱアウトドアで釜を持っていって釜めしは無いよねー(笑)。炊き込みご飯をやるなら焦げに注意・・・というところで(^^;)。

コーナートップへ

トップへ